• ホーム >
  • 英語学習の疑問に答えます!

英語学習の疑問に答えます!

英語学習の疑問に答えます!

ライティングの学習ってどんな効果があるの? 英会話には特に必要ないと思えるのですが…
英語が話せるようになるということは、リスニングとスピーキングだけできたらいいと考えがちですが。4技能をバランスよく身につけていないと、完成度の高い英語脳が形成されず、英語力が衰退しやすくなります。
「英語ができる人」「英語がペラペラな人」は、ライティングもできます。ライティングができる人は、英語で情報を正しく伝えることができるのです。

ライティングはどうやって学習すればいいの

英語でブログを書く
英語でブログを書かれている方をよく見かけますが、たいへんいい方法だと思います。一般に公開するので、間違った表現・不適切な表現ができないという緊張感があり、とてもいい訓練になります。
表現に不安がある場合は、英会話の先生などに添削してもらってからアップするといいでしょう。公にするのですから、それなりに正しい情報を発信するよう注意が必要です。

英会話の先生から毎回宿題を出してもらう
先生から宿題を出してもらい強制的に英語を書く訓練をするのもたいへん有効です。人は追い詰められたり、強制されたりしないとなかなか実行しない特性があります。

ライティングのレッスンを受講する
本格的にライティング訓練を受講すれば、質の高い学習ができます。

ライティングの学習はどんな効果があるの

英語で考える訓練になる
決して日本語で考えようとせず、英語で考え、文字にするよう訓練しましょう。最初は日本語で考えてしまうために、時間がかかりますが、根気よく続けていれば、英語で表現できるようになってきます。
スラスラと書けるようになったら、「英語脳」が実感できます。

会話力の訓練につながる
スラスラ書けるようになった時、スピーキングやリスニングまで力がつき始めていることに気づきます。これが「相互作用」「相乗効果」と言われる効果です。ひとつの課題に対して異なる複数の取り組みをすることで発生する効果です。

仕事ができるようになる
海外勤務、英語教師、外資系企業勤務などの英語で仕事をされている方は、当然仕事ができるようになります。


line
copyright© 2010 eTOC. All Rights Reserved.