• ホーム >
  • 英語学習の疑問に答えます!

英語学習の疑問に答えます!

英語学習の疑問に答えます!

日本語に訳する勉強法は英会話学習には逆効果…
脳の中で英語を一瞬日本語に翻訳してから理解するというプロセスをとってしまうと、なかなか英語力がついていきません。

日本の英語教育では、日本語に訳すという作業を常に要求されます。このことが日本人が英語を話せない原因のひとつになっています。

最近の日本の義務教育における英語は、ようやく会話が中心の内容になってきており、英語と英会話がイコールの関係になってきています。英語はこれまで言語の勉強でしたが、英会話は言語(音)の訓練なのです。ですから、日本語に訳する癖がついてしまうと、思考がついそのプロセスをたどってしまい、その後英会話を習っても、なかなか上達しないという現象を起こしてしまうのです。

日本語に訳する勉強法は英会話学習にとっては逆効果でしかないのです。
ですから、英会話を始める人は、まずこの癖を取る訓練から始めなければならないのです。

日本語に訳する癖を取る訓練には何が効果的?

当たり前のことですが、英語と日本語とでは、全く別物の言語です。英語を頭の中で、日本語に翻訳してしまうと、いつまでたっても英語脳は形成されません。
日本語に訳して読む(訳読)の癖を取る一番の訓練方法、それは、



意味がよくわかっている英文を使ってシャドーイングする、もしくはその英文の日本語での意味を十二分に理解しておいてから、その情景をイメージしながらシャードーイングを繰り返す。何度も、何度も繰り返す。体に憶えさせるように、繰り返し読む。この訓練を行いましょう。

この訓練には、自分にあったオリジナル(音声の教材)を見つける必要があります。Podcast等からも見つけることができるでしょう。


line
copyright© 2010 eTOC. All Rights Reserved.