• ホーム >
  • 英語学習の疑問に答えます!

英語学習の疑問に答えます!

英語学習の疑問に答えます!

英語を聞き流すだけで効果はあるの?
英語をCDラジカセや携帯オーディオプレーヤー等で流し、常に聞き流し状態にしておくだけで、耳が次第に英語に慣れて、リスニングに効果がある、というのを聞いたことがありませんか。今も試されている方もおられるのではないでしょうか。果たしてリスニングに有効なのでしょうか?

受身だけのリスニングは、ほとんど意味がないと言っていいでしょう。リスニングをするのであれば、やはりそれなりに集中して聞かなければ、あなたの脳は、耳から入ってきた美しい英語をちゃんとした音として認識できず、雑音にしか聞こえないのです。

下の図にありますように、リスニングとスピーキングは受信と発信という対の関係になっています。どちらか一方だけ行っても、ほとんど意味はありません。英語の上達にはつながらないと言っていいでしょう。
家を新築する際に、どの部屋でも英語を流せるように、家中にスピーカーを張り巡らした方がいましたが、それほどまでして英語学習にかける熱意のおかげか、英語には堪能になっておられます。
イメージ

ではリスニングを上達させるには、何が効果的なの?

リスニングを上達させるのに必要なのは、英語を聞き取る力をつけるだけではありません。
その聞き取った英語を理解する能力を伸ばす必要があります。英語を聞き取れても、内容を正確に理解できなければリスニング力としては不十分です。

リスニング力を伸ばすのに効果的な方法

発音練習をする
正確な発音を身につければ、聞き取れる単語やフレーズの数が増え、英語を聞き取る力はどんどんついてきます。発音練習は、しっかり声を出して行いましょう。自分の苦手な発音の英語を知り、訓練しましょう。歌が得意な方は、歌で練習するのもいい方法ですね。

英語をできるだけたくさん聞く
聞き流すのではなく、集中して聞くことが大切です。たくさん聞けば聞くほど効果的です。
以前はリスニングとは言わず、ヒアリングと言っていた時代がありました。「注意を払って聞く・耳を傾ける・傾聴する」という意味ではlistenが使われます。hearは「聞こえている・(受身で)聞く」という場合に用いられます。その意味においても、リスニングと言った方が正確といえます。
理想は、スピーキングとリスニングを同時に行う、つまり会話から学ぶのが一番ですが。

自分が聞き取れるスピードの英語で訓練して、徐々にノーマルな英語に慣れさせる

これは、聞き取った英語の理解力をつける訓練です。
普通であれば、英語を聞き取った後、脳の中で英語を一瞬日本語に翻訳してから理解していることでしょう。全ての部分でこの作業を行っているのではなく、理解できない部分に限ってこのような順番で脳が反応しているのです。
訓練していけば、日本語が浮かばなくなるだけでなく、英語の文字自体も浮かばなくなり、イメージで捉えれるようになります。そうなるとどんどん脳内に残っていきます。日本語が浮かばなくなるようになってくると、格段に力がついてきます。
PodcastやNHKの教材についているCDなどは、聞き取りやすくリスニング教材としてはおすすめです。
英会話で勉強されている方は、先生がその人のレベルや理解度に合わせて、しゃべってくれますので効果的です。


line
copyright© 2010 eTOC. All Rights Reserved.